ジャジャ馬な娘が可愛いなんて言う奴は 結局はドSでしかない。

先週末はね、結果的にとっても荒れた低気圧と桜花賞だったよね。

そんな中、私はお家のエアコンをほぼ全バラにしてせっせとお掃除してました。
梅雨に入る前にと思い作業に取り掛かったんですがねぇ、とんだジャジャ馬でしたわい。
2013年 04月 09日   [日記]


旧タイプのエアコンはバラしてクリーニングした経験があったんですが、近年流行の
『お掃除ロボット』タイプは今回が初体験です。
そんな作業はさすがに業者を呼べよと声が聞こえてきそうですが^^;


何事も自分でやると気持ちいい!超クール!!
みたいな思考を持つこの黒髪は、一度はチャレンジせずにはいられません。 l_( ̄^ ̄ )_l
それでは早速いってみよー!


とその前に・・・
すっごい中途半端な記事ですが許してねw






まずは我が家のエアコンをご紹介、シャープAY-U28STです。
とりあえず今回はこの1台を試してみて、上手くいけば他の奴にも手をつける算段で。
ワンタッチカバーはちゃちゃっと外してます(ここまでは取説に記載されてる)
チラ見えしてるトランスフォーマー玩具は気にしないでねw
nikki2013-4-6-1.jpg


「作業前に周囲を片付けましょう。
 良い仕事は良い環境からですよ。」






この時にはすでに愛しい玩具達は避難済みw
コンセント抜いて本体カバーのネジを外して、ごっそりとガワを引き抜きます。
全部で8本くらいあったかな?
画像下のスポンジが垂れ下がってる両端にあった隠しネジを発見するのに時間がかかった~。
エアコン上部は、目に見えるツメが3つあっただけです。
nikki2013-4-6-2.jpg
ちなみに前面に見えてる黒いケースが、お掃除ロボットの本体部分ね。
これはネジを5本くらい外すと取れます・・・が、フィンにぴったり食いついてるので硬い!

それと外したネジはお皿かケースを何個か用意しといて、メモ用紙に「外ケース」とか「お掃除ロボット部」とか書いて、後でそれとわかるようにして置いておくのがポイントだよ~?


「上記のポイントは大事です。
 後がとても効率よくなります。」






お次は、左右の基盤部分の取外しへ。
ここはメンドくさかった~、配線の取り回しがエゲツない程やりにくい。
しかも基盤よりも、お掃除ロボットの排気モーターの取外しの方が時間を要しました。
nikki2013-4-6-3.jpg nikki2013-4-6-4.jpg


「ジャックピンを折らないように
 気をつけて作業しましょう。」






なんとか取外しに成功。
かなりスッキリしてきましたね。
でもここまで所要時間4時間余り・・・心はモヤッとしっぱなです (`з´)ブー
nikki2013-4-6-5.jpg nikki2013-4-6-6.jpg


「電線の取外しの前・後を写真に撮って
 おけば組立時にお役に立ちますよ。」






細かい小物も出来るだけ外し、やっとこの状態になりました。
旧タイプならここまで30分くらいでできるのに・・・時代のバッキャロー!!
とかグチりながらも、手はサッサと埃を吹き飛ばし掃除機で吸い取ってるんですがねw
nikki2013-4-6-9.jpg


「外したパーツで洗えるものはお風呂で
 漬け置き洗いすると効率的です。」






洗剤&ホースでお湯洗いをするので、濡れてはイケない電気部分にマスキングで養生します。
さあ!あとはエアコンの両サイドにレジャーシートで養生したら作業開始だ!!
でも・・・画像を見てわかるかな・・・すっかり夕日がさしてきてるのwww
nikki2013-4-6-10.jpg
これは急がねば!!
とピッチを上げて余裕なく作業したもんだからね。
コレ以降は見事に写真を撮り忘れた・・・orz
いやゴメンよマジで。


「ここにきて凡ミスですか・・・
 言いたいことはそれだけですか?」



絶対にこっから先の作業が見たかった人が多いのはわかってる。
わかってるんだけども! どうか許してねw
次回はきっちり画像を載せるから^^;
言いたいことはそれだけですww




⑦・・・画像が無い シクシク(/ヘ ̄、)グスン


でもせっかくなのでね、ダラッと文言でご説明。


・エアコンの下側にゴミ袋(90L)を開いてテープで貼ります。
 そのゴミ袋の最下部に穴を開けホースをテープで固定し、バケツに誘導します。
 ドレンパンから半分くらいは流れるんですが、あとの半分はこちらへ流れるの。
(洗い流す洗剤とお湯が流れるのでね、その為の受け皿ですな)


・両サイドにはレジャーシートを天井にテープで止め、簾のように垂らします。
 足元にもレジャーシートを轢いておきます。
(もしもお湯が飛び散った時に周囲が濡れないようにする為ね)


・カビキラーをフィン全体とシロッコファンにたっぷり吹付け、1時間ほど放置。
(この時点でホースからバケツへ、きったな~い液体がドロドロと!)
 シロッコファンはくるくると回転させながら、全体に及ぶようにします。
 目に入らないように私は水中ゴーグルをかけて作業しましたw
 その間にお風呂で漬け置いたパーツをキレイに洗って、それをタオルで拭いておきます。


・家庭用のどこにでもある低圧ホースガンのシャワーで、カビキラーをしっかり流します。
 ちなみにカビキラーはアルカリ性が強いのね。
 なので次に、台所用の弱酸性洗剤を泡状で全体にたっぷりと吹付けます。


・全体に弱酸性洗剤を吹付けたら、これは時間を置かずにシャワーで洗い流します。
 バケツに流れるお湯がキレイで泡が全くなくなったらO.K!
 タオルでエアコンの濡れている箇所を適当に拭いていきます。
 電装部付近だけはきっちりと拭いておくとすぐに次の作業に移れます。


・ゴミ袋とレジャーシート、電装部の養生を外し、片っ端からバルコニーへ放り出します。
 周囲を作業可能な状態にしたら、各パーツを用意してすぐに組立に移ります。
(電装部をきっちり拭いておけばダイジョ~ブ、だよ~♪)


・バラした手順と全くの逆に作業すれば、非常に効率よく組立られます。
 なのでバラす時には小まめに写真を撮りましょう、そうすれば忘れても安心です。


・組立が完成したら、コンセントを挿して『暖房』をMAXフルパワー!
 これを2時間ほど運転したらね、もう中はカラッカラに乾いてカビ予防にもなります。
 その後は1時間ほど『送風』で熱を逃がしたら作業は終了、イェーイ!( ´・ω・)y─┛~




・・・なんて雑でハンパな記事だ。


こんな記事ちゃんと読んでくれる人いるのか?
てかこれでエアコン掃除の参考になんてなるのかw
でも私自身、初めての作業もあったんで記録も含めて残しとこうかね。
冒険の書はとっても消えやすいからねw


ちなみに作業時間は約7時間に及んだんだ♪


でもこれで近年機種のクセは把握できたから、もう1台は半分の時間でいけるでしょう。
あ~それと中途な説明なんでね、実行する方いたら自己責任で願いますね。
でも体感できる程のキレイな空気に、一度やったらヤミツキになるよコレw


そして最後に本日のオチ。


ジャジャ馬な奴ほど攻略した時の爽快感が本当たまんねーんだよな!!






今回使用したアイテム達
(値段はどのくらいのレベルのアイテムがいるのか?その参考になるよー)

・養生マスキングテープ50mm×25m・・・・・1個(298円)
・レジャーシート2m×2m・・・・・・・・・・・3枚(100均)
・ゴミ袋90L・・・・・・・・・・・・・・・・・1袋(10枚198円)
・カビキラー&弱酸性の台所洗剤・・・・・・・・・各1個(298円&100均)
・バケツ15L&家庭用ホース20mm×5m・・・各1個(100均&198円)
・家庭用低圧ホースガン・・・・・・・・・・・・・1セット(1,980円)
・エアスプレー・・・・・・・・・・・・・・・・・2本(3本セット298円)
・タオル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5枚(100均)
・プラスドライバー#2番・・・・・・・・・・・・1本(298円)
・気合と根性と慎重さとドS魂・・・・・・・・・・適量(プライスレス)
関連記事

コメント円卓

こんばんはっす!

エアコンって、ここまで掃除できるものなのですね。
写真をとっておいても、私では元通りに組み立てられそうにな~い!
私はフィルタしか掃除したことありませんが、やっぱ年数経つとフィルタだけ掃除しても、なんかにおうような気がしてました。ここまで掃除すれば、いやなにおいとか無くなりそう!

チラ見えしているメガトロンとスタースクリームらしきやつらも、超気になるお年頃です~ \(≧o≦)/

2013年04月12日 21:15

しむぴちさん

ハイ、ここまで出来ちゃいます。
しむぴちさんなら大丈夫じゃないですかねー?
敬遠しがちな作業だけど、大きいプラモと思えば・・・ねw
数年経過したエアコンは開けてビックリ、カビと埃だらけ!
これは今までの経験からほぼ間違いナシなのですよ。
今回も内部は凄まじい惨状でした^^;
お掃除後の運転には毎度 感動するほど空綺麗なのよね♪

チラ見えしているトラフォー達・・・
変形!ヘンケイ!シリーズはそういえばレビューしてなかったw
そんな日の目を見ないフィギュア達が、まだ7割以上は存在してるんですよね~。
今年中にはなんとかこのブログの本職?に戻れたらいいなとは思ってるんですがねww

2013年04月12日 23:36

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。