『那由多の軌跡』ぷれいんぐなう。

ノベル以外のジャンルは久しぶり。
ストーリーARPGと謳っている軌跡シリーズ『那由多の軌跡』を只今プレイ中。

まだ第3章ですが、それなりに楽しんでいるので軽く記事っておこうと思います。
2013年 05月 04日   [ゲーム]


でも最初にぶっちゃけな感想を言っとこうかな。


零と碧が面白すぎた。


まだ中盤なので絶対評価ではありませんがねぇ、今ひとつ盛り上がりに欠ける印象。
ジャンルがARPGになったせいか、人間が生み出すドラマが少なすぎる。
とはいえゲームとしては合格点ですよ?
単に『軌跡』シリーズとしては何かが足りないということなのよね。
まあ終盤にかけて上がってくる可能性もあるんで、それに期待してましょう。


■那由多の軌跡



■PV





それではSSを交えて内容を掻い摘んでご説明しときます。
新ジャンルと謳った『ストーリーARPG』という触れ込みですが・・・
ザックリ言うとキングダムハーツみたいなもんでしたww
街を拠点にして、攻略可能なアクションステージを次々クリアするというもの。
ステージ間の移動はフィールド画面で行い、街は最初の1つだけという感じです。



これがフィールド移動画面。
フィールド移動はポイント指定するだけの超簡単設定。
しかもこれ、ボタン1つでステージ攻略中だろうが街を散策中だろうが一瞬で切り替わります。
便利だけどありがたみもくそもないw
多用するといい展開ムードが台無しになること必須なデンジャー機能です。
game2013-5-3-11.jpg



でメインとなるステージ画面。
ダッシュ・2段ジャンプなどを駆使してステージの罠や仕掛けを掻い潜り、武器をぶん回してアーツを撃ってバッタバッタと敵を倒していきます。
とてもテンポがよく、軌跡シリーズ共通の『スキル』も存在します。
game2013-5-3-12.jpg



お仲間である『ノイ』ちゃん。
なんだこの愛らしい小動物は・・・正直欲しい!
いつも主人公の後ろをポワポワとついてくる頼もしい相棒、こう見えても偉い管理人らしい。
ちっちゃな妖精ながらアーツを担当し、主人公と連携してスキル技を発動させてくれます。
game2013-5-3-16.jpg

game2013-5-3-15.jpg



人との会話は従来のキャラ絵が排除されて吹き出しに。
かわりにそれなりの表情とリアクションをポリゴンキャラがするハメに。
う~ん、私としてはキャラ絵での会話のほうが好みだったかなぁ。
game2013-5-3-9.jpg

game2013-5-3-10.jpg



無駄に凝ってるのがお店での買い物w
ここまで動かす?てほど可愛い店員さんが動きますww
game2013-5-3-1.jpg game2013-5-3-2.jpg

game2013-5-3-3.jpg game2013-5-3-4.jpg

game2013-5-3-6.jpg game2013-5-3-7.jpg



最後にオマケ、たびたび街中で目にする『みっしぃ』・・・
こいつにどんな物語があるのか?ちょっと楽しみな私。
っつか、こいつ絶対マスコットキャラ狙ってるなw
でも忘れるな、お前はティオちゃんのバーターなんだぞ!
game2013-5-3-14.jpg

game2013-5-3-13.jpg




とまあ、少し辛口な途中評価でしたが仕方ないことかと。
ジャンルも違えば展開も違うのは必然なわけで、軌跡シリーズと同一視するのは酷だったかな?
冒頭でも述べたようにアクションゲームとしては面白いんですが、いかんせん練りに練られたドラマ性というものを肌で感じることができないんですな。
なので今は終盤へ向けての伏線回収に期待というところです。


あ、ちなみに今回の主人公は好奇心旺盛な15歳の少年・好感度良しな学者肌。
よくあるタイプで魅力に溢れてるというわけではないのがちょっち残念かな。


まあ零と碧は主役が・・・ねぇ。
ギャルゲー並の 歩く1級フラグ建築士 だったからなw
意図せず好感度アップのフラグ立てんなら、ジャンルわきまえろよロイド・・・!
でも男の私から見てもカッコイイから納得なんだけどねww


ではでは、再びゲームの世界へダイブ致しますので本日はこの辺で。
うーん、こんなに羽伸ばしすぎると5月病が心配だよwww




ーAmazonー

 B007RV0HEE
 那由多の軌跡(通常版)



ー楽天ー


 
 那由多の軌跡
関連記事

コメント円卓

おお!お待ちしていました^^那由多!
は~なるほど。そういうゲームになっちゃったんですね。
軌跡シリーズなので、往年のあのバトルスタイルで、ちょっと話聞いていないと一気について行けなくなるくらいのストーリーが盛り込まれているものだとばかり…。
なんだかもっと気楽にできるゲームと言う感じになったんでしょうかね?そういう印象を受けます。
でも、KHタイプのゲームは大好きなので、その点は面白そうだなぁと思います^^
それまでの軌跡とは全く別のものゲームとして考えた方がいいみたいですね。
今後の展開で大盛り上がりすることに期待したいところです!

2013年05月05日 03:42

お、プレイされましたか軌跡シリーズ新作。
私も空やら零やら、かなり楽しませてもらいました。
当然ながら最新作も・・・・
と思ってたんですが、某ネットゲームに手を出したのが運の尽き。
コンシューマ方面に戻れなくなっていますorz

プレイしたいんだけどなぁ~。
じ、時間が・・・!

2013年05月05日 08:36

アロイさん

待たせたなロールプレイングガール、略してRPG!
すぐにするつもりが他のゲームに浮気しちゃってたよ・・・てへ♪

はい、KHタイプのARPGでしたねー。
ちなみに空・零・碧の軌跡シリーズとは世界観が全く異なっており、過去作を未プレイの方でも気軽にイケる物語っぽいです。
別ゲーの認識で間違いはないかと^^
でも『みっしぃ』はじめ、ちょろちょろと聞いたような言葉が出てくるので時間軸的にはひょっとしたら・・・みたいな?w

アクションとしてはボス以外はゴリ押しでいけるので爽快ですよ。
そのボス戦がまた愉快でニッチな仕組みでね~。
久しぶりのアクション操作が楽しくてしゃーないですわww

2013年05月05日 16:52

リードマンさん

只今絶賛プレイ中ですよ~。
軌跡シリーズと謳いながらも中身はイースに近いという(ぇ
でも楽しければいいんだよね、ゲームなんてもんは!

そっちはいま完全にコンシューマから解脱してますもんねー。
でも私から見るに、オンラインはやっぱり仲間との繋がりがめっさ楽しそうで羨ましいんですよね。
声優選びとか・・・なんて痒い企画もってくるんだセガは(笑

こちらがネトゲーをプレイしないのも時間が・・・てとこです^^;
今はお互い、自分に合ったパターンでまったり楽しみましょう!
21世紀はゲームライフもPTOが必須です(爆

2013年05月05日 17:08

ピンク髪でCV:茅野愛衣さん…
「ノイちゃん! 大勝利~!!」
って、言いそうですね。
あ、言わない?

5月病、私も心配です~(>_<)

2013年05月05日 23:01

とろろさん

マジでか!?
私この娘と最後は結婚できるの、まさかの血判発覚!?
・・・スンマセンとろろさん、お先に幸せごっつぁんです!

じゃなくて!
この娘も負けずにポワポワ天然の魅力が可愛いですw
語尾が「~なの!」が口癖で、愛らしいったらありゃしない。
ちなみに5月病って皐月病に書き直すとなんかカッコイイよねw

2013年05月06日 09:57

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。